銀行のデメリットとは

銀行のデメリットとは

銀行のカードローンには様々なメリットがあります。銀行ならではの安心感や金利などがありますが、メリットばかりではありません。銀行のカードローンの場合、金利が低いという特徴があります。それ自体は嬉しい話ですが、金利が低い分、審査は厳しいと言われています。

 

カードローンでは、審査に通るかどうかを一番気にしている人もいる位、審査は重要です。条件がよくても、お金を借りられなければ全く意味がないからです。金利が低い場合には、年収や家族構成、現在までの借入れ状況などによっては、審査に落ちてしまう可能性があります。審査について、金利が高くても消費者金融の方が、通りやすいと言われています。

 

また、銀行のカードローンは審査や手続きに時間がかかる場合があります。例えば金曜日の17時頃に申込みをした場合、審査の回答が月曜日まで伸びる場合もあります。銀行の口座開設が必要な場合には、融資まで2週間程度かかるような場合もあります。

 

消費者金融でもカードローン契約は可能です。金利が高いというデメリットはありますが、簡単にお金を貸してくれるイメージが強いのは、消費者金融の方です。審査時間も短く、口座が無くても契約が可能です。また、審査に通りやすいと言われているのも消費者金融なので、総合的にお金を借りやすいと言えます。

 

契約機を利用すると土曜や日曜でも最短即日の利用も可能となるのが消費者金融の良さでもあり、ネットで審査を進めた後に契約機を利用することで早いカードの受け取りも可能となる前橋のプロミスなら、すぐに借りたいときに頼れるサービスの利用となります。