銀行のカードローン利用者が増えている理由

人気の銀行系カードローン

カードローンは消費者金融での取り扱いが一般的でしたが、最近は銀行のカードローン利用者が増えてきています。手軽にお金を借りる手段としては消費者金融が簡単なイメージがあります。しかし、銀行のカードローンもサービスに力を入れてきており、インターネットなどから手軽に申込みが可能です。

 

消費者金融も銀行も、同じくカードローンを取り扱いしていますが、その内容については両者に違いがあります。銀行のカードローンには大きなメリットがあり、それが選ばれる理由になっています。

 

銀行という安心感

消費者金融も営業規制が厳しくなっており、強引な取り立てや法外な金利での貸付けができなくなっています。しかし、それでも闇金融などの違法な業者も未だに存在しています。また、消費者金融に対して不安を持っている人もいます。

 

同じお金を借りるのであれば、消費者金融よりも銀行の方が安心だと感じる人は多いです。消費者金融を利用した経験がない人はたくさんいますが、銀行を利用した経験がないという人は少ないはずです。不安を払しょくするために、銀行のカードローンを選ぶ人もいます。

 

 

カードローンの金利が低い

消費者金融と比べて、銀行のカードローンは金利が低めに設定されています。単純にお得なカードローンがいいというのであれば、銀行の方が有利です。

 

例えばアコムの金利は3.0%~18.0%ですが、3.0%の金利が適用されるのは、何百万円も借りるような人に限られます。利用者の多くは最高金利の18.0%が適用されます。

 

一方、三井住友銀行のカードローンの場合、金利は4.0%~14.5%です。限度額100万円以内でも、12.0%~14.5%で借入れが可能です。選ぶカードローンや審査結果によって金利は変わりますが、銀行なら14.5%程度の金利での借入れが可能です。

 

下限金利だけで見れば3.0%となるモビットも優れているように見えるのですが、消費者金融で借りるときには上限金利の適用となる場合が多いので実際には金利は優れていません。ただし早さの面ではモビットをはじめとする消費者金融は人気となるので、急ぎで借りたい方は札幌市でも借りられるモビットの利用が適している場合もあります。

 

収入証明書が原則不要

カードローンのメリットは、その手軽さにあります。人にお金を借りるのは大変ですが、カードローンの場合、手続きをきちんと踏めば、意外と簡単にお金を借りられます。担保や保証人不要でお金を借りられるので、事前準備もほとんど必要ありません。

 

カードローン申込に必要な書類は、大きく2つあります。それが本人確認書類と収入証明書類です。本人確認書類とは、免許証やマイナンバーカード、保険証などの、身分証明書です。収入証明書類とは源泉徴収票やボーナス月を含む直近の給与明細書、納税証明書など、自分の収入を証明する書類です。

 

本人確認書類であれば持ち歩いている場合もありますが、収入証明書類の場合、平日などに職場に書類を取りに行かなければならないケースもあります。

 

消費者金融の場合、収入証明書類が必要な条件が意外とはっきりしています。借入希望額が50万円を超える場合、または他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には、必ず収入証明書類が必要となります。銀行のカードローンの場合、200万円まで収入証明書類不要、300万円まで収入証明書類不要、というように、収入証明書が必要なく借入れができます。

 

多額の借入れに向いている

カードローンでは、いくらまで借りられるのかも、重要な判断基準になります。いくらまでかりられるのかは、審査結果によって伝えられます。しかし、消費者金融の場合、審査を受けるまでもなく、借入れできない金額が法律によって決まっています。

 

総量規制にという法律によって、年収の1/3を超える金額の借入れはできません。これはその人の収入に対する借入れの上限となり、他社も含めた借入総額で1/3を超える借入れはできません。例えば年収300万円の人は最高でも100万円までしか借入れができないのです。

 

銀行は総量規制の対象外なので、同じカードローンでも年収の1/3を超える借入れも可能です。多額の借入れを考えているのであれば、銀行のカードローンを選びましょう。

 

少額なら早さや手軽さで消費者金融を選ぶ手もあり、プロミスなどの有名な消費者金融なら週末でも借りられるので便利な部分もあります。急な出費があった際でもプロミスならいわき市のプロミスで最短即日融資も可能となっているので頼れる一面も持ち合わせているのです。